肝機能改善バイブル!のTOPに戻る
「肝機能改善バイブル!」トップ > 肝臓に関わる怖い病気

肝臓に関わる怖い病気

日本で見られるウイルス性肝炎は主にA、B、C型と言われております。発症する原因としては、飲み物や食べ物から移るもの(経口感染)と血液や体液を通して移るもの(非経口感染、血液感染)がございます。 ・・・
肝臓病は予備軍も含めますと、日本国民で約1,000万人と言われております。日本国民が約1億2,000万人だとしますと、約12人に1人が肝臓病予備軍と言う事で、とても他人ごとではございません。このページ・・・
肝機能異常を放置したまま肝臓に負担をかける生活習慣を繰り返す事で、肝臓病の発症と最悪は肝硬変⇒肝臓がんに進行してしまいます。肝臓は「沈黙の臓器」と言われていますが、病状が進行していても自覚症状が無い事・・・
健康診断で肝機能異常と診断され、再検査と言われても、実際に再検査をされる方は少ないと言われております。なぜならば、肝機能が異常でも、特に分かりやすい自覚症状もなく、いつも通りの生活習慣が出来るからです・・・
肝機能異常を放っておくと肝臓病を発症してしまいます。肝臓病には、5つに分けられ、急性肝炎、慢性肝炎、脂肪肝、アルコール性肝障害、肝硬変と、最悪は肝臓がんに進行してしまいます。肝臓は「沈黙の臓器」と言わ・・・
アルコールには、血行改善、善玉コレストロールの増加、食欲増進、ストレス解消、リラックス、疲労回復効果など、すばらしい利点もございますが、これは「適量」を飲んだ場合に限ります。アルコールには、想像してい・・・
肝機能異常と診断されていも、自覚症状がない事で、つい以前の肝臓に負担をかけた生活習慣を続けてしまう方も沢山いるのではないでしょうか?若いころなら良いかもしれませんが、老化が始まる40代を超えてまで、肝・・・
中高年に多いとされる「脂肪肝」。実は成人男性の3人に1人、成人女性に関しても5人に1人の割合となっています。特に中高年になるほど、体の代謝機能が低下してしまう為、脂肪が付きやすい事も原因の一つでありま・・・
肝機能異常になりやすい最も多い原因は、暴飲暴食とアルコールの多飲習慣です。特に暴飲暴食に関しては、血糖値が急激に上がり、血糖値を下げる為にインスリンが大量に分泌されます。ただ、そのような習慣が長年続く・・・
肝臓は疲労していても自覚症状が出にくい事から、健康診断で肝機能低下、異常と診断されても、再検査を受ける方は少ないと言われています。ただ、長年の肝臓疲労をそのままの状態でいますと、年齢を重ねるごとに肝臓・・・
脂肪肝は近年増加傾向であり、5人に1人が脂肪肝といわれています。予備軍も含めますと、2人に1人とも言われている事から、国民病と言っても過言ではございません。脂肪肝が増えている背景は、共働きが当たり前と・・・
脂肪肝や脂肪肝の予備軍の方は、運動などを始める前に、「半身浴」をお勧めします。よく運動を習慣に取り入れる事も言われていますが、一概に運動が良いとは言いきれません。脂肪肝や予備軍の方の大半は、血中コレス・・・
肝ガンには2種類ございます。原発性肝ガンと転移性肝ガンです。・原発性肝ガン肝細胞から発生する肝細胞ガンと胆管の細胞から発生する胆管細胞ガンに分けられます。一般的に肝ガンと言われるのは、原発性肝細胞ガン・・・
体内の全細胞には細胞膜という膜に包まれています。この細胞膜は「レシチン」という物質で作られていますが、そのレシチンの主成分となりますのが今回ご紹介します「コリン」なのです。コリンは体内で微量に作られま・・・

カテゴリー「肝臓に関わる怖い病気」のトップへ↑