肝機能改善バイブル!のTOPに戻る

ビタミンB群で肝機能改善!

巷では、肝機能改善に関する健康食品が沢山ございます。ただ、あれもこれもって手は出せません。まず、あれもこれもと手を出す前に、体に充分なビタミンを蓄えておくことが先決になります。

サプリメントアドバイザー

肝機能低下の人は慢性的なビタミン不足?

肝機能が低下されている方の共通点として挙げられますのが、「慢性的なビタミン不足」です。
要因として挙げられますのが?



・長年のアルコール習慣

・喫煙

・食品添加物が多く含んだ食品をメイン

・偏食習慣

・ストレス



これらの習慣は、ビタミンを沢山消費して肝臓が代謝を行います。ビタミンを沢山使用して肝臓が代謝を始めますので、ビタミンを習慣に摂取していないと、慢性的なビタミン不足となり、肝臓に負担がかかるわけです。

肝臓に負担をかけたままの習慣を続けることで、「慢性的な疲労」を生むことになり、疲労だけでなく、精神的にも苦痛になることが慢性化されてしまいます。慢性化になってしまうと、最悪は「鬱」を発症してしまいます。

鬱状態

ただ、大半の方は、「もう年だからしょうがない」と諦めてしまっている方もいらっしゃいますが、ビタミンを習慣に接種することで、確実に改善はされてきます。

■ まずはビタミンB群を習慣に摂取しましょう!


サプリメントアドバイザー

肝臓の機能を高めるためにも、まずはビタミンB群をサプリメントでベースとして飲まれることが大切です。ビタミンB群は水溶性のビタミンということもあり、摂取しても数時間後(2〜3時間目安)として、体外に排出される非常にデリケートなビタミンです。

ビタミンB群は、B1、B2、ナイアシン、パントテン酸、B6、B12、ビオチン、葉酸の8種類をまとめて言われますが、実は、個別だけで摂取しても、本来の働きが発揮されません。ビタミンB群の摂取の場合は、この8種類をまとめて摂取することで本来の働きを発揮することが出来るのです。

ビタミンB群の個々の働き!


サプリメントアドバイザー

・ビタミンB1
糖質の分解促進、アルコール依存者は欠乏者が多い


・ビタミンB2
脂質の代謝に働く


・ナイアシン(ビタミンB3)
糖質、脂質の代謝に働く。二日酔いの原因「アセトアルデヒド」の分解を促進。アルコールを大量に飲むほど、ナイアシン不足に陥ってしまう。悪酔いの原因に!


・ビタミンB6
タンパク質、脂質の代謝に欠かせない、インスリンの合成


・葉酸
発育を促したり、免疫力の強化


・ビタミンB12
主に肝臓で貯蔵されているビタミン。アルコール代謝に関わっている


・ビオチン
糖質、脂質、タンパク質の代謝に働く


・パントテン酸
糖質、脂質、タンパク質の代謝に働く。解毒作用もある。アルコールカフェインを多飲すると不足気味になる

■ ビタミンB群のサプリメントの選び方!


ビタミンB群のサプリメントは各メーカーさんの主力商品として販売されていますが、サプリメントアドバイザーとしてオススメしているサプリメントは2つ挙げられます!

1、タイムリリース加工

2、各成分が充実している事




上記でも申しましたが、ビタミンB群は水溶性のビタミンということで、摂取しても、数時間後に体外に排泄されてしまいます。特に、日ごろからアルコール、喫煙習慣をされている方ほど、肝臓に負担をかけていますので、なるべくなら、不足している環境を少なくしたいものです。そこで、オススメしていますのが、タイムリリース加工をされたサプリメントを選びことが大切です。

・タイムリリース加工
薬で言えば、1回飲んで長く効く!って聞いたことがあるかもしれませんが、そのサプリメントバージョンということです。各メーカーによって体内の滞在時間は異なりますが、通常のサプリメントに比べれば、小分けに飲む必要もございません。

・各成分が充実している事
特に、大手のサプリメントメーカーさんの場合では、各成分が少ない傾向にあります。これもこれで、安価で購入できる利点がございますが、まずは、サプリメントで実感されることが先決です。各成分が充実されているサプリメントほど、長続きしやすい傾向にございます。

まずは、あれこれサプリメントを始めるよりも、ビタミンB群のサプリメントをベースに飲むことから始めましょう!
>>ビタミンB群サプリメントの選び方のコンテンツはこちら
関連コンテンツ

肝機能低下はビタミンCも不足している!

ビタミンCの不足は肝機能低下を招いてしまいます。日ごろから、飲酒習慣や喫煙、ストレス、不規則な生活習慣はビタミンCの消費が激しく、特に肝機能が低下している人ほど、慢性的に不足している傾向が多いです。 ・・・

αリポ酸の抗酸化作用で肝機能改善!

20代をピークに減少する「ビタミン」に似た物質「αリポ酸」。別名(チオクトサン)やリポ酸とも呼ばれています。水溶性でも脂溶性でもなく、どちらにでも溶ける特徴を持っています。 体内でも微量に生成さ・・・

ウコンの働き!ウコンサプリの選び方!

ウコンを英語ではターメリック、沖縄ではうっちんとも呼ばれています。熱帯アジアが原産で、海外では、インドネシア、ベトナム、中国の南部で栽培されており、国内では、沖縄、九州の南部で栽培が行われています。 ・・・

セサミンの抗酸化力で肝臓を活性化!

セサミンはゴマに含まれる成分の一つです。ゴマは紀元前3000年以上も昔から栽培されていたとも言われており、古代から健康によい食品として重宝されてきました。 中国の「神農本草経(しんのうほ・・・

「レシチン」で肝細胞を活性化!

レシチンは、大豆や卵黄に多く含まれ、体内では肝臓も含め、細胞膜や脳、神経組織や筋肉に含まれている必要な栄養素。ただ、最近では、外食や偏食習慣をされている方が増えているせいか、以前よりも大豆の摂取量が減・・・

しじみ汁が肝機能改善に良い理由!

肝臓が疲れた時やお酒を飲んだ後に、しじみの味噌汁を飲めといわれてきました。東北地方では、肝臓病予防として、蒸し煮にした、しじみから出る汁を飲む民間療法も古くから伝わっています。 では、い・・・

肝機能改善に「マリアアザミ」の摂取方法!

マリアアザミ別名(ミルクティースル)は、肝機能を高めるハーブエキス。南ヨーロッパ、アジア、北アフリカを原産とするキク科の植物です。ヨーロッパでは、2000年以上前から、肝機能の保護、強化に優れる民間薬・・・