肝機能改善バイブル!のTOPに戻る
「肝機能改善バイブル!」トップ >  肝機能改善にお勧めの栄養素と働き > 肝機能低下はビタミンCも不足している!

肝機能低下はビタミンCも不足している!

ビタミンCの不足は肝機能低下を招いてしまいます。日ごろから、飲酒習慣や喫煙、ストレス、不規則な生活習慣はビタミンCの消費が激しく、特に肝機能が低下している人ほど、慢性的に不足している傾向が多いです。



ビタミンCは、抗酸化作用、アンチエイジングなどの重要な働きをする一部に、肝臓の働きをサポートする働きもございます。

肝臓の働きと言えば、代謝、胆汁の生産、解毒などございます。その働きにビタミンCが大量に消費されるのです。

よって、肝臓を酷使される人、肝機能が弱っている人はビタミンCの不足も考えられるのです。

このページでは、ビタミンCが不足になりやすい習慣や改善策を解説しています。

■ タバコ1本につきビタミンCの消費量はどれくらい?


ビタミンB群とともに、肝臓の働きをサポートする栄養素が「ビタミンC」。特にアルコールや喫煙をされている方ほど消費が激しいです。

実は、アルコール、喫煙、食品添加物が多く含まれた食品などは、体に不必要なものになり、肝臓が体外に早く出したがります。それを「解毒作用」と言います。

解毒作用は、ビタミンB群、ビタミンCの消費が激しく、特に水溶性のビタミンの事から、特にビタミンCは消費しやすいのです。摂取方法しても、長くて3時間で体外に排出されるので、食材からよりも、サプリメントで長時間体内に貯蔵される方が肝臓にもやさしいのです。

例えば、タバコ1本につき、どれくらいのビタミンCを消費しているかご存知でしょうか?

1本に付きなんと・・・・25mgと言われています!



1日1箱吸っている方は、1日にタバコだけで、500mgものビタミンCを消費している事になります。それに、ストレス、飲酒、などが加わりますと、厚生労働省が推奨している、1日のビタミンC基準摂取量100mgを大幅に超えてしまいます。


■ ビタミンCは食材からよりサプリメントが良い理由!


ビタミンCは水溶性のビタミンなので、摂取しても、長くて体内に3時間程度しか貯蔵されません。

さらに、食材からの摂取がメインとなりますと、残念ながら食材自体の栄養素が20年前と比べますと、約半分にまで栄養価が下がってきているとの報告もされています。
>>日本の野菜は味も栄養価も減っている?!

その点、サプリメントの場合は、1日に必要以上のビタミンCを摂取することができ、必要に応じて多く摂取したりすることもできます。摂取量も把握できますので安心です。
ただ、ビタミンCをサプリメントで摂取する場合はこの点にチェック!

サプリメントアドバイザー

■ ビタミンCサプリメントの摂取方法


ビタミンCをサプリメントで摂取するとなると、ビタミンCの成分量が多いサプリメントを選ぶことがメインとなります。

これはこれでいいのですが、実は最初から高濃度のビタミンCを摂取しますと、下痢になりやすかったりするケースが多いです。
もし、そのような症状になるのであれば、2点オススメな飲み方をご紹介します。

サプリメントアドバイザー

1、ビタミンCサプリメントを飲む際に乳酸菌のサプリメントを同時に飲む

2、ビタミンCサプリメントでも胃にやさしい、「エスターC」のサプリメントを選ぶ

ビタミンCは国で1日の摂取基準量100mgを推奨されていますが、喫煙者の方の場合は、1箱で約500mgビタミンCを消費してしまうので、完全にアウトですよね。

そう考えますと、食材から微量なビタミンCを補給することも大切ですが、サプリメントからの摂取も習慣に摂取することは大切なのです。

ビタミンCが十分に体に蓄えていることで、まずは慢性疲労が回復されると思います。回復されることで精神的にも前向きになれるのではないでしょうか?
>>ビタミンCサプリメントコンテンツはこちら
関連コンテンツ

ビタミンB群で肝機能改善!

巷では、肝機能改善に関する健康食品が沢山ございます。ただ、あれもこれもって手は出せません。まず、あれもこれもと手を出す前に、体に充分なビタミンを蓄えておくことが先決になります。 肝機能低・・・

αリポ酸の抗酸化作用で肝機能改善!

20代をピークに減少する「ビタミン」に似た物質「αリポ酸」。別名(チオクトサン)やリポ酸とも呼ばれています。水溶性でも脂溶性でもなく、どちらにでも溶ける特徴を持っています。 体内でも微量に生成さ・・・

ウコンの働き!ウコンサプリの選び方!

ウコンを英語ではターメリック、沖縄ではうっちんとも呼ばれています。熱帯アジアが原産で、海外では、インドネシア、ベトナム、中国の南部で栽培されており、国内では、沖縄、九州の南部で栽培が行われています。 ・・・

セサミンの抗酸化力で肝臓を活性化!

セサミンはゴマに含まれる成分の一つです。ゴマは紀元前3000年以上も昔から栽培されていたとも言われており、古代から健康によい食品として重宝されてきました。 中国の「神農本草経(しんのうほ・・・

「レシチン」で肝細胞を活性化!

レシチンは、大豆や卵黄に多く含まれ、体内では肝臓も含め、細胞膜や脳、神経組織や筋肉に含まれている必要な栄養素。ただ、最近では、外食や偏食習慣をされている方が増えているせいか、以前よりも大豆の摂取量が減・・・

しじみ汁が肝機能改善に良い理由!

肝臓が疲れた時やお酒を飲んだ後に、しじみの味噌汁を飲めといわれてきました。東北地方では、肝臓病予防として、蒸し煮にした、しじみから出る汁を飲む民間療法も古くから伝わっています。 では、い・・・

肝機能改善に「マリアアザミ」の摂取方法!

マリアアザミ別名(ミルクティースル)は、肝機能を高めるハーブエキス。南ヨーロッパ、アジア、北アフリカを原産とするキク科の植物です。ヨーロッパでは、2000年以上前から、肝機能の保護、強化に優れる民間薬・・・