肝機能改善バイブル!のTOPに戻る

しじみ汁が肝機能改善に良い理由!

肝臓が疲れた時やお酒を飲んだ後に、しじみの味噌汁を飲めといわれてきました。東北地方では、肝臓病予防として、蒸し煮にした、しじみから出る汁を飲む民間療法も古くから伝わっています。

しじみの味噌汁

では、いったいなぜ、しじみが肝臓に良いのでしょうか?しじみが肝臓に良い理由を解説していきます。

サプリメントアドバイザー

しじみの成分「タウリン」に注目です!


急性、慢性肝炎、肝硬変の治療に広く用いられている薬に「タウリン」がございます。タウリンは分子の中に硫黄(いおう)を含む含硫アミノ酸の一種です。

アミノ酸と言えば、私たちの体を作るタンパク質の原料でもありますが、なかには、タンパク質から遊離して体内で重要な働きをしているアミノ酸も存在します。 タウリンはこうした遊離アミノ酸の一種です。

■ タウリンが肝細胞の膜を丈夫にする!


私たちの体をつくる細胞の細胞膜は、、二重構造のデリケートな脂の膜でできています。細胞はこの膜を通じて老廃物を外にだし、必要な栄養素を取り入れています。

ただ、細胞膜が弱ってしまうと、その一連の作業が乱れてしまい、ウイルスやアルコールによって傷めつけられやすくなります。よって、肝機能異常、肝機能障害になりやすいのです。

そこで、タウリンを十分に補えば、細胞膜が丈夫になりますので、これらの外的要因から細胞膜を守ることができ、肝機能改善につながります。

■ こんな人にオススメ!


二日酔い
・二日酔い

・肝機能障害、肝機能低下

・慢性疲労

・貧血

・黄疸

・血栓症の予防

・風邪を引きやすい


しじみには、タウリンの他、メチオニン、アルギニン、シスチンといったアミノ酸、ビタミンA、ビタミンB12などのビタミンB群、ビタミンC、グリコーゲンなどバランスよく豊富に入っています。

最近、お酒の席が多くなった、疲れやすいといった場合は、しじみ汁やしじみの味噌汁をまずは1週間を目安にして、飲まれてみてはいかがでしょうか?肝臓は回復が早い臓器でありますので、今からでも遅いことはありません。
関連コンテンツ

ビタミンB群で肝機能改善!

巷では、肝機能改善に関する健康食品が沢山ございます。ただ、あれもこれもって手は出せません。まず、あれもこれもと手を出す前に、体に充分なビタミンを蓄えておくことが先決になります。 肝機能低・・・

肝機能低下はビタミンCも不足している!

ビタミンCの不足は肝機能低下を招いてしまいます。日ごろから、飲酒習慣や喫煙、ストレス、不規則な生活習慣はビタミンCの消費が激しく、特に肝機能が低下している人ほど、慢性的に不足している傾向が多いです。 ・・・

αリポ酸の抗酸化作用で肝機能改善!

20代をピークに減少する「ビタミン」に似た物質「αリポ酸」。別名(チオクトサン)やリポ酸とも呼ばれています。水溶性でも脂溶性でもなく、どちらにでも溶ける特徴を持っています。 体内でも微量に生成さ・・・

ウコンの働き!ウコンサプリの選び方!

ウコンを英語ではターメリック、沖縄ではうっちんとも呼ばれています。熱帯アジアが原産で、海外では、インドネシア、ベトナム、中国の南部で栽培されており、国内では、沖縄、九州の南部で栽培が行われています。 ・・・

セサミンの抗酸化力で肝臓を活性化!

セサミンはゴマに含まれる成分の一つです。ゴマは紀元前3000年以上も昔から栽培されていたとも言われており、古代から健康によい食品として重宝されてきました。 中国の「神農本草経(しんのうほ・・・

「レシチン」で肝細胞を活性化!

レシチンは、大豆や卵黄に多く含まれ、体内では肝臓も含め、細胞膜や脳、神経組織や筋肉に含まれている必要な栄養素。ただ、最近では、外食や偏食習慣をされている方が増えているせいか、以前よりも大豆の摂取量が減・・・

肝機能改善に「マリアアザミ」の摂取方法!

マリアアザミ別名(ミルクティースル)は、肝機能を高めるハーブエキス。南ヨーロッパ、アジア、北アフリカを原産とするキク科の植物です。ヨーロッパでは、2000年以上前から、肝機能の保護、強化に優れる民間薬・・・