肝機能改善バイブル!のTOPに戻る
「肝機能改善バイブル!」トップ >  肝機能改善にお勧めの栄養素と働き > ウコンの働き!ウコンサプリの選び方!

ウコンの働き!ウコンサプリの選び方!

ウコンを英語ではターメリック、沖縄ではうっちんとも呼ばれています。熱帯アジアが原産で、海外では、インドネシア、ベトナム、中国の南部で栽培されており、国内では、沖縄、九州の南部で栽培が行われています。

ウコン

このページでは、ウコンの働きやウコンのサプリメントの選び方などについて、サプリメントアドバイザーが解説しています。

■ ウコンの働き!


アルコールの定番として有名ですが、ウコンには肝機能を強化する成分の黄色の色素成分クルクミンがございます。クルクミンには、抗酸化物質、胆汁を分泌してコレストロールを下げる、動脈硬化の予防など、肝機能改善の他にも、生活習慣病予防としてもウコンは有効なのです。

クルクミン

更に、クルクミンは遺伝子を守り、発がんを抑制する作用も明らかになっております。実際の研究結果で有害物質が多い、タバコに含まれる発がん性物質の作用を約50%も抑制する結果も出ています。
喫煙

■ ウコンはダイエットにも有効!



ウコンは胆汁の分泌が盛んになることで代謝がアップします。胆汁の分泌が盛んになることは、摂取した脂肪分や体内に蓄積しているコレストロールを溶かして体外に排出してくれるのです。

特に、中高年なるほど、太りやすい体質になってしまう一因として、胆汁の分泌低下もあげられます。

今まで、ダイエットに挑戦したが、体に変化が見られない方は、食事を減らす事よりも前に、ウコンで胆汁の分泌を促進させ、代謝をアップさせることから始めてみることがいいと思います。

更に、胆汁の分泌が盛んになることで、中高年いなりやすい、胆道結石、高血圧、高脂血症、動脈硬化の予防にもつながります。

■ ウコンは選び方に注目!


サプリメントアドバイザー

ウコンには種類があり、春ウコン、秋ウコン、紫ウコンがございますが、その中でも、肝機能の改善によい成分「クルクミン」が豊富に含まれている「秋ウコン」が現在では定番でございます。その前に、醗酵ウコンはご存知ですか?

ウコンを習慣に飲むなら「醗酵ウコン」を選びましょう!

通常、お酒を飲む前だけに摂取する際、秋ウコンの飲料や秋ウコンのサプリメントで飲む事が定番です。

ただし、肝機能を向上させるため、肝機能低下、異常を改善するために、習慣としてサプリメントを摂取する場合は、クルクミンに特化したものではなく、クルクミンも入っていながら、抗酸化作用が高い「醗酵ウコン」を習慣として飲まれる方が良いです。

■ 醗酵ウコンと秋ウコンの成分比較!


醗酵ウコンと秋ウコンの成分比較(mg/100g中)
琉球大学農学部生物資源利用科学研究室のデータ

カルシウム・・醗酵ウコン903.41、ウコン151.35

リン・・583.00、289.16

マグネシウム・・442.98、338.90

カリウム・・2965.10、2970.23

ナトリウム・・32.81、13.50

鉄・・100.95、86.38


醗酵ウコンは、秋ウコンを機械で粉にし、乳酸菌など7種類の微生物を用いて38度の温度で丸一日醗酵させたものです。

ただ、クルクミンの含有率は少し減ってしまいますが、抗酸化作用は原材料よりも5割高くなりました。

肝機能向上するためには、活性酸素を一番受けやすい肝臓を守らなくてはいけません。そのためには、抗酸化作用が高い「醗酵ウコン」を習慣に摂取することが肝臓を活性酸素から守ることになります。

ただし、肝障害で医師の治療を受けている方は、事前に医師と相談してから飲むようにしてください。
関連コンテンツ

ビタミンB群で肝機能改善!

巷では、肝機能改善に関する健康食品が沢山ございます。ただ、あれもこれもって手は出せません。まず、あれもこれもと手を出す前に、体に充分なビタミンを蓄えておくことが先決になります。 肝機能低・・・

肝機能低下はビタミンCも不足している!

ビタミンCの不足は肝機能低下を招いてしまいます。日ごろから、飲酒習慣や喫煙、ストレス、不規則な生活習慣はビタミンCの消費が激しく、特に肝機能が低下している人ほど、慢性的に不足している傾向が多いです。 ・・・

αリポ酸の抗酸化作用で肝機能改善!

20代をピークに減少する「ビタミン」に似た物質「αリポ酸」。別名(チオクトサン)やリポ酸とも呼ばれています。水溶性でも脂溶性でもなく、どちらにでも溶ける特徴を持っています。 体内でも微量に生成さ・・・

セサミンの抗酸化力で肝臓を活性化!

セサミンはゴマに含まれる成分の一つです。ゴマは紀元前3000年以上も昔から栽培されていたとも言われており、古代から健康によい食品として重宝されてきました。 中国の「神農本草経(しんのうほ・・・

「レシチン」で肝細胞を活性化!

レシチンは、大豆や卵黄に多く含まれ、体内では肝臓も含め、細胞膜や脳、神経組織や筋肉に含まれている必要な栄養素。ただ、最近では、外食や偏食習慣をされている方が増えているせいか、以前よりも大豆の摂取量が減・・・

しじみ汁が肝機能改善に良い理由!

肝臓が疲れた時やお酒を飲んだ後に、しじみの味噌汁を飲めといわれてきました。東北地方では、肝臓病予防として、蒸し煮にした、しじみから出る汁を飲む民間療法も古くから伝わっています。 では、い・・・

肝機能改善に「マリアアザミ」の摂取方法!

マリアアザミ別名(ミルクティースル)は、肝機能を高めるハーブエキス。南ヨーロッパ、アジア、北アフリカを原産とするキク科の植物です。ヨーロッパでは、2000年以上前から、肝機能の保護、強化に優れる民間薬・・・