肝機能改善バイブル!のTOPに戻る
「肝機能改善バイブル!」トップ >  肝機能改善にお勧めの栄養素と働き > セサミンの抗酸化力で肝臓を活性化!

セサミンの抗酸化力で肝臓を活性化!

セサミンはゴマに含まれる成分の一つです。ゴマは紀元前3000年以上も昔から栽培されていたとも言われており、古代から健康によい食品として重宝されてきました。


ゴマ

中国の「神農本草経(しんのうほんぞうきょう)」にも、ゴマには、五臓の機能を高め、体力の向上や脳を活性化して老化を防ぐものとして、紹介されています。

ゴマの成分は半分以上が脂質でゴマ油にもなりますが、ゴマ油は他の油と違って酸化しないことが特徴です。よって、ゴマには、強い抗酸化力があるということなのです。この抗酸化力をもっていいる成分が「セサミン」なのです。

■ セサミンの抗酸化力が肝機能に良い!


サプリメントアドバイザー

体の中で最も活性酸素を受けやすい臓器はどこだか分かりますか?

実は、肝臓です!

肝臓は吸入した酸素の約50%も消費しています。残りの50%の酸素は、脳や他の臓器として消費されます。よって、肝臓は体の中でもっとも活性酸素を受けやすい臓器ということなのです。

ただ、日ごろから肝臓に悪い代表的な習慣、アルコール多飲や喫煙をしていることで、肝臓が疲れてしまい、よって活性酸素に負けやすくなります。

結果、肝機能障害を招くのです。



生活習慣病とも言われているガン、動脈硬化などの循環器系疾患、老化を招く要因に、活性酸素によることが原因とされていますが、この活性酸素を除去するにもセサミンの抗酸化力が有効であることが分かっています。

■ こんな人にオススメ!


暴飲暴食

・コレストロール値が高い

・老化予防

・アルコール習慣

・喫煙習慣

・二日酔い

・肝機能低下

・動脈硬化、高血圧


■ セサミンは食材よりサプリメントが良い理由!


サプリメントアドバイザー

日ごろからゴマを食べることも体には良いことですが、肝機能改善のため、体質改善の目的で摂取しているのであれば、食材からよりもサプリメントから摂取される方が効率よくセサミンを摂取することが出来ます。

なぜなら、ゴマの1粒にセサミンの量はたったの、0.1〜0.4%しか含まれていないからです!

理想とするセサミンの摂取目安としては、1日に8〜10mgと言われております。この量をゴマから摂取するとなると、約3000粒と言われ、小さじ3杯程度の量となります。

ただ、食材からの場合ですと、セサミンの他、同時に脂質も摂取することにもなりますので、ピンポイント的に摂取するのであれば、1日に8〜10mg摂取出来るサプリメントを飲まれた方が効率的です。

サプリメントを選ぶ際には、成分量がしっかり明記されているサプリメントを選ぶことが大切ですね!

■ 一押しのセサミンサプリメント

サプリメントアドバイザー

私がオススメします、セサミンのサプリメントは、製薬会社である「小林製薬」さんから販売されている「セサミンゴールド」です。

成分表は下記です。

セサミンゴールド成分表

1粒につき、セサミンが3.34mg摂取でき、1日3粒となっていますので、10.02mgのセサミンを摂取できることになります。1日に摂取しなくてはならない、8〜10mgの量をクリアしています。

オススメする理由!

・製薬会社のサプリメントですので品質基準が厳しいから安心
(肝臓に良くない、着色料、保存料不使用、無添加)

・送料無料
(1日3粒で約126円)

・セサミンの他、リノール酸、オレイン酸が配合
リノール酸、オレイン酸はコレストロールを下げ、血液をサラサラにしてくれる効能がある

・サプリメントのアドバイスが聞けること
製品に関するお問い合わせの窓口がある。製薬会社であるためか、薬剤師さんによる相談室もある。よって、効率よい飲み方、製品の特長をさらに詳しく聞ける。これは、購入前でも相談は可能になっています。

公式サイト⇒小林製薬のセサミンゴールド
関連コンテンツ

ビタミンB群で肝機能改善!

巷では、肝機能改善に関する健康食品が沢山ございます。ただ、あれもこれもって手は出せません。まず、あれもこれもと手を出す前に、体に充分なビタミンを蓄えておくことが先決になります。 肝機能低・・・

肝機能低下はビタミンCも不足している!

ビタミンCの不足は肝機能低下を招いてしまいます。日ごろから、飲酒習慣や喫煙、ストレス、不規則な生活習慣はビタミンCの消費が激しく、特に肝機能が低下している人ほど、慢性的に不足している傾向が多いです。 ・・・

αリポ酸の抗酸化作用で肝機能改善!

20代をピークに減少する「ビタミン」に似た物質「αリポ酸」。別名(チオクトサン)やリポ酸とも呼ばれています。水溶性でも脂溶性でもなく、どちらにでも溶ける特徴を持っています。 体内でも微量に生成さ・・・

ウコンの働き!ウコンサプリの選び方!

ウコンを英語ではターメリック、沖縄ではうっちんとも呼ばれています。熱帯アジアが原産で、海外では、インドネシア、ベトナム、中国の南部で栽培されており、国内では、沖縄、九州の南部で栽培が行われています。 ・・・

「レシチン」で肝細胞を活性化!

レシチンは、大豆や卵黄に多く含まれ、体内では肝臓も含め、細胞膜や脳、神経組織や筋肉に含まれている必要な栄養素。ただ、最近では、外食や偏食習慣をされている方が増えているせいか、以前よりも大豆の摂取量が減・・・

しじみ汁が肝機能改善に良い理由!

肝臓が疲れた時やお酒を飲んだ後に、しじみの味噌汁を飲めといわれてきました。東北地方では、肝臓病予防として、蒸し煮にした、しじみから出る汁を飲む民間療法も古くから伝わっています。 では、い・・・

肝機能改善に「マリアアザミ」の摂取方法!

マリアアザミ別名(ミルクティースル)は、肝機能を高めるハーブエキス。南ヨーロッパ、アジア、北アフリカを原産とするキク科の植物です。ヨーロッパでは、2000年以上前から、肝機能の保護、強化に優れる民間薬・・・