肝機能改善バイブル!のTOPに戻る

「レシチン」で肝細胞を活性化!

レシチンは、大豆や卵黄に多く含まれ、体内では肝臓も含め、細胞膜や脳、神経組織や筋肉に含まれている必要な栄養素。ただ、最近では、外食や偏食習慣をされている方が増えているせいか、以前よりも大豆の摂取量が減ってきています。

レシチン

レシチンは脂質ですが、本来は溶けあわない水と脂肪を混ぜ合わせる乳化作用があると言われています。この働きがあることで、細胞や血管などに詰まっている脂質やコレストロールを溶かして排出してくれます。

最近では、隠れ肥満が注目されていますが、実はこの隠れ肥満こそ、肝臓に負担をかける原因でもあります。脂肪が肝臓の働きを妨げることによって、脂肪肝、肝機能障害を招きやすくなります。

隠れ肥満の特徴は、見た目は太っていないのに、脱いでみると、下腹部だけがポッコリしている状態です。これは、男性だけでなく女性の方にも当てはまります。


隠れ肥満

隠れ肥満の原因としては、運動不足、アルコール習慣、偏食と、消費量よりも摂取量が上回ってしまう、「カロリー過多」が日々の習慣と根づいてしまっているからです。

ただ、この習慣をこれから先、10年、20年続ける事は、体にさまざまな支障をきたしてしまいます。この体質を改善するためには、レシチンが有効なのです。

■ レシチンが肝臓に良い理由!


レシチンは、肝臓をはじめ、細胞膜の働きを高めます。肝臓には脂肪を分解する働きがございます。レシチンで肝臓の細胞が活性化されることで、肝臓にたまっている脂肪がどんどん溶かされ分解されてきます。よって、肝機能障害である、脂肪肝の解消にもつながります。

その他、レシチンは、ビタミンB群、コリン、イノシトールも含まれています。これらの栄養素も中性脂肪やコレストロールを分解する働きがあり、肝臓の負担軽減につながります。

■ こんな人にオススメ!


暴飲暴食
・コレストロール値が高い

・高血圧

・アルコール習慣

・肝機能低下

・暴飲暴食

・もの忘れが激しい

・お腹がポッコリしている


■ 習慣に摂取しなければ改善できない!


サプリメントアドバイザー

肝機能改善、中性脂肪解消など体質改善は短期的に改善することは、まずございません。長年積み重ねて作り上げてきた体質だからです。

レシチンを習慣に摂取する方法としては、なるべく洋食を控え、和食に切り替えることです。和食には味噌汁や納豆、卵焼きなどレシチン豊富な食材が含まれ、肝機能改善には絶好な食べ物なのです。

和食

和食の場合、栄養バランスがしっかり摂れることで、食べ過ぎ防止にもなります。洋食はガッツリ食べないと満腹感を得られませんが、不思議と和食の場合は、洋食ほどガッツリ食べなくても満腹感は得られます。

ただ、これを1回限りで終わらせることでなく、日々の習慣に取り入れなくては意味がありません。

例えば、日々外食をされている方は、和食定食を扱っているお店を利用するとか、どうしても時間がない、即席で済ませてしまう方の場合は、サプリメントを活用する事も大切です。サプリメントの場合は、ビタミンB群やレシチンのサプリメントがお勧めです。

■ 肝機能改善のさまざまなメリット!


食生活を和食中心、サプリメントは、ビタミンB群、レシチンと、まずは、3ヶ月を目標に続けてみてください。

なぜなら、体の細胞は3ヶ月で生まれ変わるからです!

肝機能が改善することで、メリットはさまざま挙げられます!

・代謝アップ
代謝がアップすることは、肝臓が元気になった証。代謝がアップしますと、痩せやすい体質が手に入ります。

・慢性疲労軽減
体内に有害物質をため込まない体質になるので慢軽軽減なります。

・うつ改善
体内が活性化することで、疲れにくい体質から、気分が落ち込みやすいうつ状態から抜け出すことが出来ます。

などなど、肝機能が改善されることはさまざまメリットを得られます。まずは、3ヶ月続ける事を念頭におきましょう。

■ 一押しのレシチンサプリメント

サプリメントアドバイザー

私がオススメするレシチンに特化したサプリメントは、ダグラスラボラトリーズのレシチンサプリメント

レシチン成分表画像クリックしますとアップします。

オススメする理由!

・1日たった1ソフトカプセルで大豆レシチンが1200mg摂取できてしまう。
1200mgの大豆レシチンを大豆から摂取するとなると、約300g強の摂取が必要になります。具体的な量で言えば、大盛りご飯1杯半にもなります。

・肝臓にもやさしい
サプリメントでも、解毒するには肝臓の助けが必要です。よって、余分な添加物が入っているサプリメントほど、肝臓に負担をかけることになります。ダグラスラボラトリーズのサプリメントは、無農薬、自然素材に特化していますので安心です。

・1日約23.9円で始められます。
(送料も含みます)

口コミも多数ございますので、レシチンのサプリメント探しの参考にして頂ければ幸いです。
関連コンテンツ

ビタミンB群で肝機能改善!

巷では、肝機能改善に関する健康食品が沢山ございます。ただ、あれもこれもって手は出せません。まず、あれもこれもと手を出す前に、体に充分なビタミンを蓄えておくことが先決になります。 肝機能低・・・

肝機能低下はビタミンCも不足している!

ビタミンCの不足は肝機能低下を招いてしまいます。日ごろから、飲酒習慣や喫煙、ストレス、不規則な生活習慣はビタミンCの消費が激しく、特に肝機能が低下している人ほど、慢性的に不足している傾向が多いです。 ・・・

αリポ酸の抗酸化作用で肝機能改善!

20代をピークに減少する「ビタミン」に似た物質「αリポ酸」。別名(チオクトサン)やリポ酸とも呼ばれています。水溶性でも脂溶性でもなく、どちらにでも溶ける特徴を持っています。 体内でも微量に生成さ・・・

ウコンの働き!ウコンサプリの選び方!

ウコンを英語ではターメリック、沖縄ではうっちんとも呼ばれています。熱帯アジアが原産で、海外では、インドネシア、ベトナム、中国の南部で栽培されており、国内では、沖縄、九州の南部で栽培が行われています。 ・・・

セサミンの抗酸化力で肝臓を活性化!

セサミンはゴマに含まれる成分の一つです。ゴマは紀元前3000年以上も昔から栽培されていたとも言われており、古代から健康によい食品として重宝されてきました。 中国の「神農本草経(しんのうほ・・・

しじみ汁が肝機能改善に良い理由!

肝臓が疲れた時やお酒を飲んだ後に、しじみの味噌汁を飲めといわれてきました。東北地方では、肝臓病予防として、蒸し煮にした、しじみから出る汁を飲む民間療法も古くから伝わっています。 では、い・・・

肝機能改善に「マリアアザミ」の摂取方法!

マリアアザミ別名(ミルクティースル)は、肝機能を高めるハーブエキス。南ヨーロッパ、アジア、北アフリカを原産とするキク科の植物です。ヨーロッパでは、2000年以上前から、肝機能の保護、強化に優れる民間薬・・・