肝機能改善バイブル!のTOPに戻る

肝臓とアルコール

すきっ腹でお酒を飲むと胃にしみて美味しいですよね!ただ、このような飲み方は肝臓に負担がかかっている事はご存知だと思います。でも、分かっていても止められないんですよね。すきっ腹に飲む習慣は、若い世代は何・・・
アルコールは肝臓にとって「毒」扱いってご存知でしたか?アルコールは本来、体に必要ないものであります。アルコールを摂取したら、肝臓は毒と判断し、即刻分解作業に入ってしまうのです。アルコールは肝臓の働きを・・・
女性の飲酒量は過去に比べると量が増えていると言われております。要因としては、女性も男性と対等に働く時代になっている事。ましては、専業主婦で1人になる時間が多く、料理やお菓子作りの際にキッチンに入ったと・・・
アルコールは適度の量で済ませる場合でしたら、さほど肝臓に負担はかかりません。しかし、アルコールは長年の習慣が1回の飲酒量を多くさせてしまい、その量に体が慣れてしまうのです。ただ、体が慣れてしまっても、・・・
1日に2合以下なので適量に飲んでいるからと大丈夫ではございません。肝臓は回復の強い臓器ですが、週に2回の休肝日を習慣にとる必要がございます。週に2回の休肝日は1年で3ヶ月相当の断酒に匹敵!例えば、週に・・・
普段からアルコールを飲まれている人ほど、薬が効きづらかったり、麻酔も効きづらいという事は聞いたことがあるかもしれませんが、実はその原因には、普段からアルコールを飲む習慣によって出来た酵素が原因なのです・・・
つまみなしで飲んでいるから太らないって言う事でもございません。アルコールには思っている以上にカロリーが多く含まれているのです。お酒別のカロリーを紹介しています。 ■ お酒のカロリーを知れば自ずと・・・
アルコール性肝炎とは、肝細胞に脂肪がたまり、細胞の間には繊維がたまり、肝細胞がこわれていく病気です。たかが、脂肪肝と言う方もいらっしゃいますが、肝臓に脂肪が極端にたまってしまう事でアルコール性肝炎の発・・・
アルコールに強い弱いと、個人差にもよりますが、日本人の場合、日本酒1合(180ml)を分解するのに約4時間もかかると言われています。 そう考えますと、夜9時に飲み始めて、日本酒を2合程度飲むだけでも・・・
アルコール性脂肪肝は、お酒の飲み過ぎで肝臓が疲れてしまい肝臓に中性脂肪がたまり肝臓が大きく肥えてしまった状態の事を言います。 通常の肝臓でも、10%程度の中性脂肪はあるのですが、脂肪肝と言われる・・・
さまざまな種類のお酒を飲む事を「ちゃんぽん」と言いますが、ちゃんぽんはなぜ、悪酔いの原因になってしまうのか? 理由は、口当たりが変る事で、確実に飲む量が増えてしまうからです。 例えば、居酒屋に・・・
肝臓が疲れている症状は、非常にわかりづらいですよね。ただ、このような肝臓疲労の初期症状を察知する事は、肝機能低下の防止、肝機能障害の防止にもつながります。 肝臓が疲れている初期症状とはどういった・・・
お酒好きな人ほどすきっ腹に飲む方が多いですね。確かに、すきっ腹に飲む事は酔いも早く周り気持ち良くなる事は分かります。しかし、何も食べずにお酒を飲む事は、肝臓の他、胃にも負担をかけてしまいます。 ・・・
アルコール性肝硬変は、本来やわらかい肝臓が硬く変化してしまい、肝臓本来の働きが機能しなくなってしまう症状です。最悪は肝がんを招いてしまう事もございます。一体、どのくらいのアルコール習慣でアルコール性肝・・・
迎え酒はご存知でしょうか?ひどい二日酔いの時に、再度アルコールを飲んで二日酔いを解消するやり方です。自宅ではそこまで、とことん飲まれる方は少ないと思いますが、友人同士の旅行や会社の社員旅行では、ごく当・・・
二日酔い解消法には、さまざまなやり方がございますが、一番の目的としては体内のアルコールを早く体外に出す事が先決です。二日酔いで、苦しい、きもち悪い、頭が痛い原因を作っている有害物質「アセトアルデヒド」・・・
お酒と薬を一緒に飲むことは避けましょう。例えば、このような経験はございませんか? 風邪を引いてしまい、風邪薬を飲んだ後、いつもの晩酌の時間が訪れ、その誘惑に負けてしまい、つい飲酒をしてしまう・・・ ・・・

カテゴリー「肝臓とアルコール」のトップへ↑